見えない資産と言われ、企業内に必ず存在する「知的財産」
企業戦略は、「事業戦略」「研究開発戦略」「知的財産戦略」の三位一体でマネージメントすることで大きな力を発揮します。
今だから必要になる「知的財産マネージメント」です。 ここからは、発想を資本(財産)にする発想資本主義でいきましょう。


米国 Intellectual Ventures に登録し新技術の創作に挑戦します。


の考える知的財産とは、国際レベルのアイデアで+高い具現化力を持ち+市場での魅力を有していること
その波及する市場規模を100億円以上にすれば、多くの方々が関わり事になり、具現化確度が高まります。
狙いは、発想を具現化する事で、世の中に役立ち、お金が回ることです。

■ 特許は活かしてナンボです

特許にも色々有ります
・ 自社製品の模倣を防御する目的のもの
・ 企業持続の糧となる独自の基礎技術を保有するもの
・ 企業や製品のイメージリーダー的な目的に利用するもの
全てが直接お金に結びつく訳では無いようです。

IM的には、知財は=会社の資産に換わる事ですので、
遅咲きなパテントでは意味がないです。



知的財産のクラスの目安は以下の通り、そのパワーを知ること狙うことに、大きな意味があります。
Innovative power 市場範囲 市場効果 波及規模 投入時期
Class 5 世界 超高い期待 1000億超 3年以内
Class 4 世界 高い期待 400-999億 3年以内
Class 3 国内 超高い期待 100-399億 3年以内
Class 2 国内 高い期待 40-199億 3年以内
Class 1 国内 期待できる 10-39億 2年以内


■ 特許公開の流れを利用して戦略を立てる・・・

特許は、出願後公開まで概ね16ヶ月〜18ヶ月
この期間、出願しても内容は公開されません。
この期間で、アイデアを熟成しましょう。
具現化(事業化)を進めて行く過程で様々データが
得られる筈、それらを含めて改訂の追加出願をします。
これによって、強固な知的財産が形成されます。


世界規模で新しいアイデアが求められている、今
もっと「知的財産」を意識して活用しましょう。


発想資本主義について

■ 発想を見える化するバブル手法

発想のコツは、目標へのキーワードを糸口に、関連する、業態、技術、機能、を思いつくままに連鎖的に書き出すこと
これを繰り返すことで身に付きます。

この創造手法は、I
が独自に開発した
「Flashing of bubble」法です、この方法の良さは、自身の直感力を高めながら作業が進められることです。

@目標の主機能をバブル(モクモク形状)に書き込みます。
A主バブルに連鎖する業態や機能の副バブル(線で引き出す)を思いつくまま出来る限り書き込みます。
B連鎖に必要な要素を、副バブルから線を引き出し書き込みます。
C各バブルを成立させる技術や要素を、バブルの周辺に赤や青のインクで書き込みます。


(更に詳しい説明は図をクリック)



HOME SERVICECOMPANY |PROFILE| PRIVACY POLICY | CONTACT
Infini Magic (c) 2015